ハネムーンは街歩き&憧れの建築を訪ねて ~ 大阪市 安井さま ~

こんにちは

少しずつ風が秋らしくなってきましたがお元気ですか?

7月の旅行では、お世話になりました。

とっても遅くなってしまいましたが、旅のご報告をさせて頂きます。

まずはじめにお礼を…

私たちの旅の目的は、世界遺産!とかグルメ!買い物!というのとは少し違っていて、

いろんな街を歩いてみたい、プラス憧れの建築を見てみたい、というものでした。

わがままな希望を、おふたりにうまくまとめて頂いたおかげで、素晴らしい旅になりました。

本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

スイスではレマン湖ほとりの街ローザンヌ、ヴヴェイ、モントルー、モルジュを電車で巡りました。

どの街ものんびり散策し、美しい街並みと、おだやかな雰囲気を全身で感じることができました。

手配して頂いた、ウシーのホテル(Movenpick)はとってもいいホテルでした。

窓からはレマン湖が見えて、きもちのいい滞在でした。

そしてそして、朝食がとてもおいしかったです!!(豊富なビュッフェ、おいしいパン・・・・などなど)

2人だけのスケジュールなのでのんびり朝食を楽しめて、

食後にはゆっくりウシーの港付近を散歩してみたり・・・・・・

これも団体ツアーにない魅力でした。

 

 

ヴヴェイで訪れた、Villa le Lac・・・・  とにかく行ってよかったです。

この建物は、ル・コルビジェというスイス生まれの有名な建築家がお母さんのために設計した小さなお家です。

ル・コルビジェは、住宅についていくつかの理論を提唱したひとなのですが、

このお家にはその要素がぎゅっと詰まっていて、本当に素晴らしい体験になりました!

ほかにも、モントルージャズフェスティバルに少し参加したり、シヨン城までフェリーで行ってみたり、

2日間でレマン湖を満喫しました。

また、移動の際に見たラヴォー地区のぶどう畑の景色はあまりにも美しく、とても印象に残っています。

(世界遺産でもあるようです。)

 

 

次の目的地はフランス パリ!

ジュネーブからTGVで5時間程・・・ これまで順調にいっていた旅もここで小さな小さな事件がありました・・・

ローザンヌからジュネーブへ向かう電車が何かの不具合で大幅に遅れたのです。

予定より30分程早めの電車に乗ろうとしていたのですが、なかなか出発してくれなくて、

ジュネーブに着いたのがパリ行きのTGV出発時間の8分前!!

ホームをふたりで猛ダッシュしてぎりぎりセーフ・・・・・

スイスの電車はとても正確で、遅れることはないだろうと思っていたのですが、

そりゃあ不具合あればこういうこともありますよね・・・

「もし乗れなかったらどうしよう・・・、ジュネーブに泊まるしかないか・・・

大成さんに電話しようか・・・、でも日本は真夜中だし・・・」

などといろいろ考えましたが、とにかく間に合って良かったです。

今思うと、こういうトラブルもいい思い出になるものですね!

電車のなかではビジネスマンが多く、みなさんPCを開いていて、

これから大都会パリにいくんだ!ということが実感できました。

おしゃれな食堂車(簡単なタイプ)もあって、おもしろかったです。

 

 

パリではまずサント・ジュヌヴィエーブ図書館を見学しました。

カルチェラタン地区にある、18世紀に建てられたパリ大学の図書館です。

この建物も、素晴らしかったです!!驚きがたくさんありました!

構造とデザインが見事に調和していて、特に楽しみにしていた夫は無言で写真を撮っていました。(笑)

予約をして頂いていたので、名前を告げるだけでスムーズに見学できました。

(正直、ちゃんと担当の人に会えるか心配でしたが・・・・・)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その後は、近くのムフタール通りへ

活気があって、美味しそうなものがたくさんだったので、キッシュを買って食べ歩き・・・・・

学生のときから憧れていたカルチェラタン地区を満喫できました。

ノートルダム大聖堂はとっても人が多かったので、中には入らずに、

サン・ルイ島に行ってみようということになりました。

ここは、メイン通りは素敵なカフェやお店がありますが、とても落ち着いた雰囲気でした。

お花屋さんがあったり、バケット片手に歩いてる人がいたり・・・・・

普段のパリの人の生活を垣間見れたような気がします。

夜は、パリ近くに住む私の従兄夫婦と一緒に夕食を楽しみました。

奥さんはフランスの方なので、パリの文化的なことを聞いたり、

お互いのことをいろいろ話せて楽しかったです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

パリ2日目は、エッフェル塔、凱旋門、シャンゼリゼ通り、オペラ座と有名どころを散策しました。

エッフェル塔は上らずに、前の広場にすわってのんびり過ごしました。

いろんな国からやって来た人たちが、エッフェル塔を背景に写真を撮っていて、

それを眺めていると、やっぱりパリはみんなの憧れの街なんだと思いました。

雨がふったりやんだりでしたが、パリはいつもこんな感じのようですね。

次の日が革命記念日でしたので、コンコルド広場ではその準備が進められていました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、次の目的地ヴェネツィアへ!!

寝台列車での移動、最高でした。

折りたたみ式の2段ベッドで洗面もついていて、とっても快適でした。

疲れていたのでぐっすり眠って、あっという間に朝でした。

クロワッサンとコーヒーという簡単なものでしたが、食堂車で車窓の景色を眺めながらの朝食は最高でした!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴェネツィアでは気の向くままに、あちこちをぐるぐる歩きました。

本当におもしろい街です。何度も道に迷いました・・・(笑)

また、手配して頂いたホテルが最高でした。

お部屋の内装も素敵でしたし、窓からは大運河、向かいにはサン・ジョルジョ・マッジョーレ教会が見えて、

とても素晴らしい景色でした。

ハネムーンだったからなのか、シャンパンが置かれていて、感動しました。

夕方のゴンドラセレナーデもとっても楽しかったです。

予約して頂いていたのでとってもスムーズでした。

夜は、ガイド本に載っていた「アンティーカ・カルボネーラ」というリストランテへ。

魚介のパスタをいただいたのですが、絶品でした!!

ワインもとってもおいしくて、大満足でした。

海外初心者の私たちにとっては、お店を選んで、メニューを注文して・・・という全ての流れが、大冒険でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2日目はムラーノ島へ

ガラス工芸博物館はとても開放的で、展示方法も独特でおもしろかったです。

本島よりも観光客の数も少なく、ガラス工芸の実演を見せてもらったり、

アクセサリーを購入したり、・・・・・ゆったりと過ごせました。

この最終日の夜、ホテルの部屋でゆっくりしていると

突然「バーン、バーン」という音がします。何かな?と思って窓の外を見ると、なんと花火が!!

まったく知らなかったのですが、毎年7月の3週目の土曜日は向いの島のお祭りの前夜祭で、

花火があがるようです。

部屋からゆったり見る花火は格別で、この旅最高の思い出になりました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡潔に、と思いましたがついつい長くなってしまいました。

とにかく、とってもいい旅になりました。

観光だけでなく、目的地への移動そのものも楽しむという、旅の醍醐味を味わえたと思います。

初めての2人きりの海外旅行でしたが、大成さんから頂いた「ご旅行全般のご案内」のおかげで、

無事に帰って来れました!(笑)

飛行機に乗るのも、電車の切符を買うのも、ホテルのチェックインも、そしてレストランの注文も、

全てが冒険のようでした!

言葉については苦労しましたが、二人で必死に聞いて理解して、二人で必死でしゃべって伝わる、

という感じでした。英語くらいしゃべれないとだめですね・・・

また、ホテルのセレクトや、最後に送迎をつけて頂いたことなど、全般にわたり完璧な手配でした。

これからも、たくさんの人に素敵な旅を計画してあげて下さいね。

本当に、本当にありがとうございました。

行ってきました

メニュー

株式会社マイヨーロッパ
大阪府知事登録旅行業
第3-2595号 JATA正会員
〒567-0886
大阪府茨木市下中条町3-22-1
TEL:072-627-5468
FAX:072-627-5469


PAGETOP