イタリアに行ってきました ~その1~

なんてったって、ヨーロッパで一番人気のイタリア・・・・

ヨーロッパが初めての方でも、何度も訪れている方でも、魅力たっぷりのイタリア・・・・

久しぶりにイタリアへ行って、その魅力を再認識した旅でした。

 

今回の旅では、往路はエールフランス、復路はKLMオランダ航空を利用。

エールフランスのプレミアムエコノミー(プレミアム・ボヤジャー)を、初めて体験してきました。

 

プレミアムエコノミーって何?とご質問を受けることもしばしば・・・・

まだまだ、あまり知られていないようですね。

ビジネスクラスとエコノミークラスの中間のクラスで、シートやサービスがエコノミーとは少し異なります。

無料で預けられる荷物は、エールフランスのエコノミークラスの場合、おひとり様1個(23kg以内)までですが、

プレミアムエコノミー(プレミアム・ボヤジャー)は、2個(1個あたり23kg以内)までとなります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

席は機内の前方に位置し、ビジネスクラスとエコノミークラスの間の区切られた空間に、

2席-4席-2席のシートが3列だけ並んでいて、全部で24席しかありません。

シートはシェル型で、シートの後部は固定されているので、倒しても後ろの方の邪魔にはならず、

後ろに気兼ねをする必要はありません。もちろん、前からも倒れてきませんので、快適です。

シートピッチはエコノミークラスよりも20%ほど長く、シートの幅も20%広くなっていて、

レッグレストとフットレストが付いています。

レッグレストはもう少し上まであがってくれたらなぁ・・・という気がしないでもありませんが、

エコノミークラスの席に比べれば十分です。

背が低い私は、ビジネスクラスのシートではヘッドレストの位置が高すぎて使えないことがありますが、

エールフランスのプレミアムエコノミー(プレミアムボヤジャー)のシートなら大丈夫!

キチンと頭を支えてくれたので、持参の空気枕を使う必要がありませんでした。

機内で使える靴下や歯ブラシが入ったキットももらえます。

 

お食事も、エコノミークラスより少しだけグレードアップ。食後に頂いたキャラメルがおいしかったなあ・・・・

プレミアムエコノミーは初体験だったのですが、

シートピッチが広く、シートそのものがエコノミークラスよりも良いということもさることながら、

プレミアムエコノミークラスの空間にゆったり感があることが、一番良かったかなぁと思います。

もちろん、ビジネスクラスの快適さには及びませんが、

エコノミークラスのような窮屈さを感じないという点は、長時間のフライトでは何よりのメリットでしょう。

 

ビジネスクラスは予算オーバー・・・・ でも、ちょっと贅沢したいハネムーナーの方や、

ヨーロッパまでは遠いと感じていらっしゃる年配の方、オススメです!

 

2012年10月現在、関空からヨーロッパへの便でプレミアムエコノミーが備わっているのは、

エールフランスとアリタリア航空です。

成田発なら、日本航空や全日空、スカンジナビア航空、ブリティッシュエアウェイズや

ヴァージンアトランティック航空などで利用することができます。

エールフランスやアリタリア航空のプレミアムエコノミーをご利用の場合、

時期にもよりますが、エコノミークラスに比べて約10万円ほどのアップになります。

10万円アップはちょっとなぁ・・・という方には、片道だけプレミアムエコノミーの利用も可能です。

マイヨーロッパまでご相談くださいね。

メニュー

株式会社マイヨーロッパ
大阪府知事登録旅行業
第3-2595号 JATA正会員
〒567-0886
大阪府茨木市下中条町3-22-1
TEL:072-627-5468
FAX:072-627-5469


PAGETOP